自動車教習所&運転者の心得を知りましょう★”

GOOD driving


教習所を選ぶ時のポイント

 通学しやすい自動車学校

少しでも安い料金で取得したい、特典の多い自動車学校に入りたいという気持ちはわかりますが、自宅や学校、勤務先などから通う際に、不便な所では困ります。まずは、自宅から通うのか、平日は勤務先や学校から通う日が多くなるのかパターンを考えた上で、一番都合の良い沿線や駅を決めることです。多くの学校は、周辺何ヶ所の駅などから教習所までのスクールバスを用意しています。ですから沿線や駅を決めたら、その近くの学校だけを探すのではなく、スクールバスが出ているかどうかで選ぶと選択の幅が広がることになります。

 自分に合った教習コース

合宿免許の教習のコースには短期集中で取得を目指すコースと、自分のプライベートのスケジュールにあわせて教習のスケジュールを先々まで組めるコースがあります。「短期集中」は教習所の組んだ卒業までの最短スケジュールに合わせて通うコース、また「らくらく優先」は貴方のスケジュールを優先して最適な教習プランを組み、これに沿って先々まで予約がとれるコースです。料金は幾分高いものとなりますが、いちいち学校へ行って予約をとったり、キャンセル待ちをしたりということを考えると、結果的にはお得なものも多いのです。貴方のライフスタイルと、いつまでに免許が必要かといったことも合わせ考えた上で、教習コースを決めてください。

 料金が明確

料金表の別途費用がきちんと掲載されてる自動車学校を選びましょう。パンフレットなどの見た目は非常に安い料金でも、後から料金が掛かる場合もあります。例えば技能教習がどんなに伸びても一切追加費用がかからないコースがある自動車学校もあります。自動車学校によっては学校で説明会を開いていたり、自動車学校の入学相談所でいつでも質問できるようなサービスを展開しているところもあります。パンフレットや友達に聞くだけでなく、クルクルカー〜外車〜を調べてみたり自動車学校の人に詳しく聞いてみることをオススメします。

 指定自動車教習所公正取引協議会に加盟している

車の管理、車の点検してますか?指定自動車教習所公正取引協議会(指公協)は、運転免許を取得される方が、「価格の不当表示や虚偽の広告等のない、安心で信頼できる教習所」を選べるように、公正取引委員会の認定を受け、全国組織として発足しました。平成17年から指定自動車教習所公正競争協議会が発足され、加盟している教習所は総額表示(入所から卒業までかかる教習料金の総額を表示する※最短時限で卒業の場合)になりました。総額表示ですから、追加料金が多額に取られる心配もありません。

 

 検定日

入校してからでないと分からない方が多いのではと思うのですが、これは重要です。普通車の場合、仮免・卒業と2回の検定(試験)を必ず受験しなくてはなりません。不合格になる場合もありますので最低2回ですね。例えば卒業の検定を受検して不合格になった場合、再受験の日程がどの位用意されているかということです。ある学校は検定は毎日、別の学校は週2回など学校により実施回数が異なります。検定実施回数が多い教習所の方が良いということですが、仕事で平日が公休日になっている場合は公休日とも照らし合わせた方が、代休とか取らずにすみますので良いかも知れません。

 

Copyright(C)2008 GOOD driving. All Right Reserved